スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全然回復しないPC 誰か回復呪文を教えてください

一体いつブリでしょう
パソ子が起動しているのは…


そんなこんなで溜まったバトンを一気に打ち返していきます


まずはちゃきさんからの

『波乱万丈でいいじゃんバトン!』


ルール
→直感で答えること
→セリフで返すこと
→笑い重視で返すこと
→最後に一問付け足すこと
→3人以上に廻すこと


「ひどいわっ!!私を捨てるって言うの!!?」
「お前もアイツも捨てねぇッ」

漢ならドーンと



「おうおうおう!このオレ様のことを忘れたたぁ言わせねぇぜ!!」
「あ、久しぶり。いつぶりかなぁ、小学校以来?」

忘れるわけないだろ


怪しい<日本人>に「アナタは神を信じますカ?」と訊かれた。
「私は私を信じてます」

神は信じるものじゃない、縋るもんだ


「そんなことしちゃダメでしょっ!!」
「ふえっ…らってお兄ちゃんが……」

末っ子はこうして危険を回避します(実話)

ちいさな女の子が「おとっちゃんの仇―っ!!」と言って突っ込んできた。
「償うよ、過去の過ちを。でも君に同じ過ちを負わせることは出来ない」

演劇部時代を思い出しました(こんな舞台はなかったですが)


「アンパンマンは君っさ―♪」(指さされながら
「人を指差しちゃいけません!アンパーンチ」


自分そっくりの人間に遭遇した
「ちょ、君ぃ困るよ。キャラ分け出来てないじゃん」

キャラはかぶっちゃいけませんから


かわいい後輩に「あの、先輩…これ、読んでくださいっ!!///」と不幸の手紙を渡された
「君から手紙をもらえるなんて幸せなだなぁ」

かわいい娘から貰うものに不幸なんてないさ


自分のげた箱に上靴がぎっしり詰められていた
「オイオイ、何本足?タコさんとこにいれてあげなよ」

あんなにあったらさぞ歩きづらかろう


コンビニで雪見だいふくを買ったら「温めますか?」と訊かれた。
「あ、人肌で」

猫舌なので


大好きな先輩がアフロになってきた
「何やってんすか先輩。アフロの基本はピンクもしくは虹色でしょ!」


「林家パー、ペー、どっちがピンク似合ってると思います?」
「 アフロ具合が高いほうかな」



「うわっ!!あんたどうしたのその頭!!?」
「あ、やっぱピンクより虹色アフロのがよかったかな」


・「豆知識―!枝豆ってなぁ、大豆やねんで―」
「……知ってます」

常識やで、ちゃきさん


“一気飲みしろ!!”と、1リットルペットのコーラを渡された。
「おけぇ、お前は樽でいけよ」

それ以前に炭酸飲料が飲めない


「貴方にこれを授けます…」と言って魔王を倒すアイテムをいい魔法使いから貰った。
「すいません、知らない人から物貰うなって母に言われてるんで」

あとお菓子貰っても車に乗っちゃ駄目って…

「∑ちょっ、幼児化してるよ!?」
「あぁ、12時過ぎたから魔法が解けちゃったんです」


「・・・あ、あんたの後ろに女の人・・・いや、なんでもないや・・・。」
「ばっか、俺の女はお前だけだって」

後ろの女はただのストーカーさ

「なぁ、金返せよ。この間貸しただろ?」
「借りたともさ。その前にお前に金貸してたけどな」

「最後にぃ、新しい問題とぉ、道連れさんをぉ、3人以上選んでくれるぅ?」
「ハハッその前にお前を殴らせてくれ」

道連れ…春流さん
    後ろの女
    魔王
応えられる人だけで結構です

問題『黙って俺について来い』


長ぇ…
スポンサーサイト
コメント

アレですね。後ろの女は答えてくれるかもしれない。
魔王は忙しいから。ね!

……私も答えますよ?(何となく保身)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。